記憶力低下は年齢と老化が原因?今日からできる簡単5つの予防法

記憶力,年齢,老化

記憶力は年齢とともに低下していくのはある程度やむをえません。
老眼や筋肉の衰えと一緒で老化からくる現象の一つだからです。

 

極端な話ですが、平均年齢が伸びていくと同時に心配されているのが、健康寿命です。
また、人によっての差はあるとしても認知症の問題です。
記憶力の低下と認知症は別のものとは言われますが、年齢とともに起こる現象ということからすると、何等か対策を立てたいものに違いありません。

老化による記憶力の5つの予防方法

記憶力,年齢,老化

  • 指先を動かすこと
  • 身体を動かすこと
  • 仲間との交流を心がけること
  • 趣味を持つこと
  • 可能であれば一日一回外出すること

など、様々な予防策が紹介されています。いずれにしても、家に閉じこもり、テレビとにらめっこというような状態がいけないともいわれています。

年齢より興味の度合いが希薄になることが問題

記憶力,年齢,老化

記憶力ということに限定してみると、その人の持つ興味の度合いが低くなると、極端に低下するということが分かっています。

 

テレビを見ていて、登場してきたタレントとか歌手の名前が出てこない、あの俳優の顔はわかるけど名前が思い出せないといったことは年齢とともに誰しもが経験しますが、大概はその人に対する興味が薄れたところからきています。あるいはその人限定でなくても、タレントとか、歌手とか、俳優全体への興味が薄れたときに起こりがちです。

 

ほかのことについても同じようなことが言えます。
書物にしても、身の回りのことにしても、名前が思い出せないとか、
度忘れしたとかということは、ほとんどがこの興味の強さ弱さが原因です。

 

記憶力回復のためには、それらのことについてもう一度興味を強く持つということが有効であり、有力な対策と言えそうです。
「自分とは関係ない」という潜在的な意識が、興味を薄らげることにも注意が必要です。

 

>>記憶力上げるサプリランキングはこちらから<<